セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ

セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ

女性の怖い一面。セフレと彼氏に対する態度の違いとは!?

更新日:

女性の怖い一面。セフレと彼氏に対する態度の違いとは!?

遊びでもその関係を続けることができるセフレ関係と、本気でないと続かない恋人関係。

これだけ聞くと、セフレに対する接し方と恋人に対する接し方には差が出るのではないかと感じる方が多いのではないでしょうか?実際女性の場合、その態度には大きな違いが出てきます。

今回は、女性の怖い一面でもある、セフレと彼氏に対する態度の違いについて見ていきます。

思い当たる節がないか、思い出しながら読み進めてみてください。

頻繁にあるセフレと彼氏に対する態度の違い①

最初に、頻繁にあるセフレと彼氏に対する態度の違いを1つずつ紹介していきます。

助けてくれる

仕事をしていたり何かしらしたりしているときに、女性が手を差し伸べてくれた場合は、好感を持ってくれていると感じることができます。

好きでもない人に対しては、わざわざ手を差し伸べるということはしません。

セフレには好きといった感情を基本的に持たないため、セフレ関係の相手には手を差し伸べることがなかなかありません。

女性の場合は好き嫌いがはっきりしているので、その点からもどう思われているか捉えることはできそうです。

近くに来る

特別大した用事がないにも関わらず近くに来る女性は、気持ちがあると感じます。

近くに行きたくないと思っている男性には、自分から近寄りません。

彼氏相手だと、ちょっとしたことでも近くに行こうとするのが女性心理です。

セフレの場合は体の関係なので、わざわざ近くに行こうという気はあまり起きません。

話しかけたときの体の向き

普段から男性と話すことが苦手でシャイな女性はまた別物ですが、彼氏と話をするときは基本彼の方を向きます。

しかし、セフレといった特別な感情のない関係である場合は、そもそも相手に関心がないため話を聞く気がありません。

話をしていても何かそわそわしていたり、態度に落ち着きがなく体をこちらに向けたりしてくれることもほとんどありません。

人によっては携帯をずっといじって全く話を聞かなかったり興味すら持たなかったりもします。

セフレがすぐ見つかる出会い系サイト

サイト名 ワクワクメールロゴ ハッピーメールロゴ jメールロゴ
女性会員数 750万人評価-◎ 620万人評価-○ 430万人評価-○
サクラ いない評価-◎ いない評価-◎ いない評価-◎
業者遭遇率 9%評価-○ 3%評価-◎ 14%評価-△
出会い率 91%評価-◎ 93%評価-◎ 89%評価-○
年齢層 18歳~31歳
年齢問わずセフレ相手を探すのにGOOD!25歳前後の落ち着いた女性とセックスは興奮MAX!
18歳~25歳
若い女性のセフレ探しをするなら迷わずココに決まり!20代前後の女性率が高く期待大!
20歳~28歳
29代後半のセフレを探すならココ!年齢が上がれば成功率も高くなる!
総合評価 評価-A公式ページへ♪ 評価-S公式ページへ♪ 評価-B公式ページへ♪

頻繁にあるセフレと彼氏に対する態度の違い②

引き続き、頻繁にあるセフレと彼氏に対する態度の違いを紹介していきます。

見つめている

気になる男性や好きな男性には、知らず知らずのうちに視線を向けているのが女性です。

これに関しては、セフレ恋人関係なく起こり得ることです。

しかし、これはお互いに視線が合って始めて分かることです。

いくら女性が見ていたとしても、セフレ関係である男性にその気がなかった場合、視線が合うことは基本ありません。

恋人関係であれば、頻繁に視線が合うことが多いです。

もしよく目が合う女性がいるのであれば、その女性にとって気になる異性の1人となっているのかもしれません。

よく笑っている

女性がよく笑っているということは、その男性のそばにいることによって楽しい気持ちになっているということを意味します。

笑顔は、自分で意識していなくても自然と出てしまうものです。

つまり、女性自身が意識していなくても、自然と笑顔になってしまっているケースがあるということです。

些細なことで女性が笑っているのであれば、それは好意があると思っても良いかもしれません。

セフレ関係の男性に対しては、笑うことはあっても些細なことで笑うといったことはあまりないでしょう。

恋人関係の男性に対しては、他の人に対する態度とはまた違った態度で接し、頻繁に笑っている可能性が高いです。

メールの返信

メールの返信にも態度が表れます。

セフレ関係の場合だと、「忙しかった」「眠かった」などといった自己都合を言い訳に返事をしてこないことがあります。

自分の都合が勝ってしまうため、返事をするのが面倒くさくなり、返事自体もそっけないものになることが多いです。

一方、恋人関係の場合だと、相手を思う気持ちがメールの返信にも表れてきます。

そのため、まるで別人のような紙対応ぶりを見せます。

メールの返信が早かったり、仮に遅かったとしても丁寧な返事を送ってくれたりします。

セフレと彼氏に対する態度の違い①

ここからは、先ほど挙げたものほどではないものの、セフレと彼氏に対する態度の違いを実感させる女性の行動を紹介していきます。

1つ目は、「デートをキャンセルしたとき」です。

セフレ関係である場合は、デートではなく会う約束という形になります。

セフレのように遊び感覚である場合は、相手の気持ちや都合など自分には関係ないと思っているため、自分勝手な行動をとってしまいがちです。

会う約束をキャンセルすると、機嫌が悪くなったり相手の都合関係なしに強引にでも会おうとしたりします。

一方、恋人関係である場合は、その関係性を長く続けていきたいということもあって歩み寄ろうとしてくれます。

自分の意見を主張しつつ相手の意見もしっかり受け入れて、都合に合わせた行動をとってくれます。

セフレと彼氏に対する態度の違い②

2つ目は、「知り合いと偶然会ったとき」です。

セフレであっても彼氏であっても、お互いの知り合いと偶然会うことはもちろんあり得ます。

セフレ関係の場合だと、「どうせいつか飽きて別れることになる」という考えがどうしても頭のどこかにあるので、紹介しても無駄だと思われている可能性が高いです。

そのため、紹介されないことが多く、仮に紹介されたとしても「友達」として紹介されるケースが多いです。

一方、恋人関係の場合だと、非常にうれしそうに知り合いに紹介します。

自分の大切な人だということをアピールするだけでなく、知り合いに紹介することによって、この人は私のものだという自信を持つこともできます。

セフレと彼氏に対する態度の違い③

3つ目は、「物事の優先順位」です。

これには、相手に対してどれだけエネルギーを使っているかがポイントとなってきます。

セフレ関係である場合は、自分の気持ちや都合を最優先した行動をとることが基本的です。

女性にとっては単なる遊び相手なので、その場限りの楽しみがあれば他のことは何も気にならないものです。

一方、恋人関係である場合は、「彼に好きでいてもらいたい」「彼に笑顔でいてほしい」という思いから、彼が喜ぶことをしようと努力します。

そのため、自分のやりたいことを多少我慢してでも、相手のことを優先して行動するようになります。

まとめ

女性のセフレと彼氏に対する態度の違いについて見てきましたが、いかがでしたか?
それぞれの関係性について一言で言うなら、セフレはあくまでもセフレ、彼氏は何よりも大切な存在です。

態度に差が出てくるのも無理はありません。

今回は女性にのみ焦点を当てて解説してきましたが、男性に焦点を当てて見た場合も同様になるでしょう。

しかし、全ての女性が明らかに違う態度をとるというわけではありません。

優しい女性なら、セフレであっても彼氏であってもしっかりとした大人な対応をしてくれる可能性が高いです。

相手の女性の性格などによって変わってくるところでもあるので、相手のことを理解したうえで接するようにしていきましょう。

態度1つで関係性は大きく変わってきます。

意識して行動するようにしてみてください。

-セフレ募集基礎

Copyright© セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

女性の怖い一面。セフレと彼氏に対する態度の違いとは!?