セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ

セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ

性病を移されないために感染経路と予防方法を詳しく知ろう

更新日:

コスプレセックスを楽しみたい!

性病に1度かかると、中には完治が難しい病気も存在します。

特定のパートナーや配偶者がいる場合には、自分が新たな感染源となってしまうリスクがあるので、見知らぬ相手とのセックス後には性病検査を行う必要があります。

格安の優良セフレサイトTOP3

「出会いの確率」「口コミ投稿数」「評価ポイント」を総合的に格付けしました!
全国対応のセフレ募集サイトのみを選んでいますので近所のセフレ女性探しにおすすめ!

性病には種類があり感染力がそれぞれ異なる

性病と一口にいっても、HIVウィルスから梅毒に至るまで、様々なタイプの性病が存在します。

感染力の強さは、HIVウィルスやB型肝炎ウイルスは弱く、感染者の血液が傷口に触れて血液に入り込まない限り感染することがありません。

一度感染すると根治が困難な代わりに、感染力が弱いという特徴があるわけです。

一方、淋病やクラミジアといった細菌感染では、抗生物質を投与することで駆逐することが出来ますが、接触感染を起こすので粘膜同士が直接触れないように注意が必要です。

セフレがすぐ見つかる出会い系サイト

サイト名 ワクワクメールロゴ ハッピーメールロゴ jメールロゴ
女性会員数 750万人評価-◎ 620万人評価-○ 430万人評価-○
サクラ いない評価-◎ いない評価-◎ いない評価-◎
業者遭遇率 9%評価-○ 3%評価-◎ 14%評価-△
出会い率 91%評価-◎ 93%評価-◎ 89%評価-○
年齢層 18歳~31歳
年齢問わずセフレ相手を探すのにGOOD!25歳前後の落ち着いた女性とセックスは興奮MAX!
18歳~25歳
若い女性のセフレ探しをするなら迷わずココに決まり!20代前後の女性率が高く期待大!
20歳~28歳
29代後半のセフレを探すならココ!年齢が上がれば成功率も高くなる!
総合評価 評価-A公式ページへ♪ 評価-S公式ページへ♪ 評価-B公式ページへ♪

性病対策には細菌・ウィルスに触れないことが肝心

性病にうつらないためには、原則として粘膜同士の接触を避ける必要があります。

なぜなら、セックス時にペニスを膣に挿入して激しいピストン運動を行うだけでも、微細な毛細血管が傷ついて血液が混ざり合うリスクがあるからです。

不特定多数の相手とセックスしない

安全にセックスをしたいならば、不特定多数の相手とセックスしないことが何より重要です。

性病が急速に広がり根治出来ない原因として、不特定多数のの相手とセックスしている男女の存在があります。

・特定のパートナーまたは配偶者とのみセックスをしていれば、どちらか一方が最初から性病に感染していない限り性病がうつるリスクがありません。

・隠れてパートナーが不特定多数の相手とセックスしていたならば、知らない間に性病をうつされている危険性があるわけです。

・自分とパートナーがそれぞれ別の相手と3人ずつセックスをしていたならば、双方が性病を持ち込む可能性があるので、リスクが9倍になります。

パートナーの相手が更に不特定多数の相手とセックスしていれば、性病感染リスクが更に高まりかねません。

見知らぬ相手だけでなく、不特定多数の相手とセックスする際には、定期的な性病検査を行う必要があります。

コンドームの適切な使用を行う

性病感染リスクを抑える方法として、コンドームの使用が有効だとされています。

なぜなら、コンドームは妊娠リスクを低減させるために本来は作られていますが、精子が漏れないようにすると同時に性病を寄せ付けない役目も果たします。

ウィルス性の性病ならば、互いの血液が混ざり合うことでウィルス感染が起きやすいので、直接粘膜同士が激しく触れ合う行為を避ける必要があるわけです。

勿体無いからといって、射精直後に膣内から引き抜かずにコンドームを再使用したり、洗って使うといった行為をするとコンドーム本来の性能を発揮出来ません。

コンドームを使用した状態で行う挿入行為は、ピストン運動時に起こす毛細血管の内出血が起きても、互いの性器同士が直接触れ合わないためにウィルス性の性病を防げます。

細菌感染により引き起こされる性病は、コンドームをセックス開始時から終了時まで一貫して着用することである程度防げます。

感染力の強さから、完全に防ぐことは難しいものの、治療方法が確立されているタイプの性病が多いことも確かです。

▼合わせて読みたい▼

近年増えている感染経路はオーラルセックス

フェラチオ、クンニリングスなどのオーラルセックスは、愛情の証として生で行ってしまいがちです。

しかし、夫婦関係にある場合や婚約中など、不特定多数の相手とセックスする可能性が低い場合のみに限定して行うことが望ましいです。

オーラルセックス時にもコンドームをしていないと、口の中にある粘膜を介して感染する恐れがあります。
近年流行っている口の中の性感染症は、オーラルセックスが原因と考えられています。

膣やペニスからの分泌液にも性病の原因となるウィルスや細菌が含まれています。

コンドームには種類が増えているので、フェラチオ専用やクンニリングス専用のコンドームも開発されて実用化済みです。

膣内挿入用のコンドームと共通利用することも出来るので、オーラルセックスを行う時に初めての相手ならば、コンドームを必ず使用して自分自身を守る必要があります。

▼合わせて読みたい▼

ウィルスと細菌では性病感染力に違いがある

性病にうつらないようにするためには、性病自体にウィルス性と細菌性の2種類があると知っておく必要があります。

・ウィルス性の性病・・・HIVウィルス・B型肝炎ウィルス
・細菌性の性病・・・淋病・クラミジア・梅毒

ウィルス性の性病は、血液を介して感染経路が拡大するので、毛細血管まで含めて相手の血液に触れないようにすれば感染を回避出来ます。

一方、細菌性の性病は、一種のカビやバクテリアといった細菌が原因となっており、抗生物質を一定期間投与し続けることで完治可能です。

問題となるのは、感染力が強い細菌性の性病ならば、完治までの期間が決められているので治療期間をしっかり守ることがパートナーへ性病をうつさないことに繋がります。

性病検査を受ければ、実際にどの性病に感染しているのか確認可能です。

性病検査は、血液検査と尿検査で行うことが出来るので、潜伏期間を考慮してある程度の感覚で受けると良いです。

▼合わせて読みたい▼

早期発見が出来れば完治が早い梅毒

かつては多くの患者がいた梅毒は、日本を訪れた外国人により新たに持ち込まれています。

梅毒には3段階のステージがあり、2期迄に治療を行えば完治が可能な病気です。

神経麻痺を起こす最終段階まで進んでしまうと、梅毒菌の根治をしても破壊された神経が戻らないので、後遺症が残りやすくなります。

性病の中には早期発見すれば完治がたやすいものが多いので、少しでも異変を感じたら性病検査を受けるべきです。

▼合わせて読みたい▼

ウィルス性の性病は完治が難しいので感染予防こそを最優先する

ウィルス性の性病は、HIVウィルスや性器ヘルペスのように一度感染すると体内から完全に駆逐することが出来ない性病があります。

特定のパートナーとのみセックスをしていれば、本来は性病にかかる心配がありません。

しかし、不倫や貞操観念が崩れている現代では、配偶者に隠れて別の相手とセックスを行い性病感染をするケースが少なくありません。

男性ならば風俗店へ通うといった行為により、不特定多数の男性客を相手にする風俗嬢経由で性病をうつされてしまいます。

ソープランドのように性病検査を定期的に行い、店側に検査結果提出義務を課している所であっても、性病検査を行う間隔があるので感染を防ぎきれません。

コンドームの使用と、体液を直接口の中に入れないことが何より重要です。

近年のコンドームは、ポリエチレン素材を用いた薄型タイプも登場しているので、正しいコンドーム使用方法を身に着けて性病感染を防ぐ必要があります。

▼合わせて読みたい▼

まとめ

性病にはウィルス性と細菌性の2種類が存在するので、血液感染と接触感染の2種類が考えられます。

血液感染によりうつるウィルス性の性病は、粘膜同士が直接触れて激しいピストン運動を行う時に、傷付いた毛細血管から滲み出た血液により感染するわけです。

コンドームの正しい使用で回避出来るウィルス性の性病を防げば、命に関わる性病をある程度防げます。

細菌性の性病は、早期発見と決められた期間しっかり抗生物質を投与することで完治が行えます。

必要以上に警戒しなくても性病の感染経路と方法を知っておけば、パートナーに迷惑をかけることなくセックスを楽しめるはずです。

▼合わせて読みたい▼

-セフレ募集基礎

Copyright© セフレ募集掲示板より簡単な出会い系サイト2018-ピュアセフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

性病を移されないために感染経路と予防方法を詳しく知ろう